メインイメージ

電子レンジを活用するグッズ

1人暮らしを始めて1~2ヶ月もすると、炊事・洗濯・掃除などなど、やることがたくさんあって、「1人暮らしって結構ハード!」と実感します。 こんな時、「たまには手を抜いてもいいのでは?」と思うようになります。 特に料理は後片づけに一手間も二手間もかかるので、「自炊しようか?それとも、コンビニ弁当かカップめんで済ませようか?」と大いに悩みます。 1人暮らしをしていると、「電子レンジでチンするだけ!」や「お湯をいれるだけ!」、という言葉が非常に魅力的ではあるのですが、それでは一念発起して1人暮らしをした意味が薄れてしまう気がします。 ・・・確かにそれもそうなのですが、だからと言って「電子レンジは絶対使わない!」というのも、もったいないお話です。 実は、今時の電子レンジは、以前の「面倒くさがり屋さん御用達家電」のイメージからずいぶん変わり、もはや「ただの手抜き家電」ではなくなっています。 電子レンジ活用グッズを使えば、ラクをしながら体にいい、しかもおいしい料理ができるようになるんです。 こういった便利グッズを使えば、かたちは「チンするだけ」でも、けっこう凝った料理を作ることができます。 これを機に、何となく封印してあった電子レンジを有効活用してみませんか? こんな“便利な電子レンジ活用グッズ”の代表的なものが“シリコンスチーマー”です。 電子レンジで簡単に茹で料理が作れるこのグッズを使えば、野菜の調理はもちろん、パスタやラーメンのような麺類も簡単に調理できます。 しかも、そのままでは絶対に作れない“ゆでたまご”を電子レンジで作れる商品もあります。便利ですね。 では、麺類が調理できるなら、同じ“主食”のお米やお芋はどうでしょうか? お米やお芋の調理だって、電子レンジ活用グッズを使えばもちろんオーケーです。 このほかにも、魚や肉を焼ける電子レンジ用のグッズもありますから、電子レンジが1台あれば、主食・主菜・副菜の一通りを十分まかなえる、ということになります。 こういう“便利グッズ”と合わせ技で使うなら、電子レンジは1人暮らしの強い味方になりますね。

時短調理で手軽に料理を

それにしても、「料理」と聞くと思わず身構えてしまうのはなぜでしょうか? 調味料や道具をそろえなければ・・・というのももちろんですが・・・続きは見出しを